Lyrics | Paloalto & Evo - Yeah


behind_the_scene

Paloalto & Evo – Yeah

作詞:Paloalto & Evo
作曲:5duck
編曲:5duck
ボーカルアレンジメント:Paloalto & Evo
日本語訳:SAKIKO

[Paloalto]

어릴때 친구들만 나의 랩을 들어줬는데
幼い頃は 友達だけが俺のラップを聴いてくれたけど

이젠 많은 사람들이 모여서 내얘기를 해
今は大勢の人が集まって 俺の話をする

항상 좋은 말뿐이진 않아 두려웠는데
いつも良い言葉だけじゃなく 恐れていたけど

그게 날 성장하게 했고 계속 내 얘기를 해 Yeah
それは俺を成長させたから 俺の話をし続けてくれ Yeah

날 꾸준히 믿어주는 너 널 위해 포기하지 않고 노래를 불러
俺を着実に信じてくれる君 君のためにあきらめずに歌を歌う

이 노래는 분명 꿈의 거름이 될거야
この歌はきっと 夢の肥やしになるだろう

시간이 오래 걸려도 분명히 해낼거야 삶은 소중해
長い時間が掛かっても 確実にやり遂げるよ 人生は貴重だ

내가 뱉는 Ryhme 보다 정다운 교감 하는게 나의 보람
俺が吐くRhymeより 親密に通い合わせるのが俺のやりがい

나를 뽐내는건 걍 Game이지
俺を誇りにするのは 単なるGameであって

가장 즐거운 놀이터 안에 난 Main 이지 Yeah
一番楽しい遊び場の中で 俺はMainさ Yeah

이뤘어 내 꿈의 반정도
果たした俺の夢の半分くらい

당신들의 사랑 잊은 적 없어 한번도
あなたたちの愛を忘れたことはないよ 一度も

만물의 끝은 있지만 난 단발성 아냐 한발짝
万物の終わりはあるけど 俺は一発屋じゃない

더 당신에게 다가서 yeah
もう一歩 さらにあなたに近づいて Yeah

 

[Hook]

움츠린 두 팔을 뻗어 저 넓은 세상을 겨눠
すぼめた両腕を伸ばして あの広い世界を狙い撃て

니 주변에 아무것도 널 멈추게 할순 없어 Yeah
君の周りの何ごとも 君を立ち止まらせることはできない Yeah

 

[Evo]

Yeah 이게임에 들어와 그리곤 아침마다 하는 Yeah
Yeah このゲームに入ってきて そして毎朝している Yeah

사실 무서워 좀 가끔 음악한다하면
実はちょっと怖い 時々 音楽をしてると言うと

사람들은 반쯤 미쳤다고 하는데
人々は半分くらい 狂ってると言うけど

여기 완전 미친 팔로알토 있는데
ここには完全に狂ったPaloaltoがいる

그리곤 하나둘씩 늘어가는 Fan
そして 1人2人と増えていくFan

그래서 약간은 더 대담해진 Plan
だから前よりも 少し大胆になった Plan

나만 만족시키려 했던 내 노래가
自分だけ満足するつもりだった俺の歌

이제는 꽤 묻었지 너희들의 손떼가
今はずいぶん付いただろう 君たちの手垢が

좀일러도 미리 말할게
ちょっと言うべきことを前もって言うよ

전에 얘기했던 Someday 언젠가?
前に話した Someday いつか?

현실이 될거같애 내 자신을 믿어봐
現実になるんだ 自分自身を信じてみろ

꽤 많이 봤어 주고 받는 데모 CD’s
かなりたくさん見た やり取りするデモCD’s

당장 결과가 없어도 무너지지 마
すぐに結果が出なくても崩れるな

Do not press that GG yet

내가 이만큼 했으면 You can do it easily yes
俺でもこれだけできるんだから You can do it easily yes

 

[Hook]

움츠린 두 팔을 뻗어 저 넓은 세상을 겨눠
すぼめた両腕を伸ばして あの広い世界を狙い撃て

니 주변에 아무것도 널 멈추게 할순 없어 Yeah
君の周りの何ごとも 君を立ち止まらせることはできない Yeah

 

[Paloalto]

아무도 몰랐었던 아무도 몰라줬던 그때
誰も知らなかった 誰も分かってくれなかったあの頃

난 빽도 없었고 자신감만 가득했어
俺にはコネもなくて 自信だけが満ちていた

항상 떠올려 신의 의지때
いつも思い浮かべる神の意志の頃
※神の意志:Paloaltoが最初に所属したレーベル

Raphorn형 집에서 녹음했던 EP에
Raphornさんの家でレコーディングしたEPに

닮겨있는 소망들이 이제 나의 삶
込めた願いが 今の俺の人生

그때 Fan들이 어른이 되 반갑게 인사
その頃のFanが大人になり 懐かしく挨拶

우리다 성장했구나 축하해 포옹해
俺たちみんな成長したな おめでとうと抱き合う

여전히 우린 Groovy 한 리듬에 호응해
相変わらず俺たちは Groovyなリズムに呼応する

 

[Evo]

Ups and downs 많이 있어도
Ups and downs たくさんあっても

Keep your head up and bounce

cause you already know you’re doing alright

 

[Hook]

움츠린 두 팔을 뻗어 저 넓은 세상을 겨눠
すぼめた両腕を伸ばして あの広い世界を狙い撃て

니 주변에 아무것도 널 멈추게 할순 없어 Yeah
君の周りの何ごとも 君を立ち止まらせることはできない Yeah

 


 

2012年7月にリリースされたPaloalto & Evoのプロジェクト・アルバム『Behind the Scenes』のラストを飾る曲。このアルバムはヒップホップファンには受けが悪いですが、ポップスが好きな人にとっては韓国ヒップホップシーンで最高峰とも言っても過言ではない、捨て曲なしの名盤です。

『Yeah』は爽やかなメジャーコード、穏やかなミドルテンポ、すがすがしい電子音、Paloaltoの明朗なラップ、Evoの憂いあるボーカル、すべての面において晴れ晴れしさを感じさせ、アルバムの最後を飾るのにふさわしい楽曲です。

 


 

Paloalto & Evo – Behind The Scenes のご購入はこちらから

amazon-button-1

 


Sakiko Torii
About Sakiko Torii
BLOOMINT MUSICの運営者。イギリスでの音楽留学経験を生かした音楽的に深みのある記事が売り。独自スタイルのライブ企画、楽曲リリースのコーディネート、ライター活動、各種メディア出演など、韓国ヒップホップにおいて多方面に活躍中。著書に『ヒップホップコリア』。別名ヴィヴィアン。
Sponsored Link