Single | Beenzino - Dali, Van, Picasso


dalivanpicasso

Beenzinoが12月18日、久々に新曲をリリースしました。タイトルは『Dali, Van, Picasso』です。画家のダリ、ゴッホ、ピカソですね。お母様も画家で、ご自身も高校から芸術を専門的に学んできているBeenzinoならではのタイトルです。歌詞にも「ダリやゴッホのようにピカソが俺の身体の中にいる。オレはアーティストだ。ダリやゴッホやピカソを見ながら俺は育った。俺も絵の具を絞ってここまで来た」といったことが書かれています。

ところでこのアートワーク、私はてっきりBeenzino本人かと思い込んでいたのですが、モデルのキム・ウォンジュンという方だそうです。

毎日毎日いろいろなアーティストが新曲を発表していますが、なかなかすべてを追うことはできません。本当に重要そうなものだけを聴くようにしているのですが、この曲に関しては、ありとあらゆる韓国人アーティストやプロデューサーたちがツイッターで大騒ぎしていたので、リリースされるや否や聴いてみました。

あらゆるアーティストたちが「最高!」とか「本当に素晴らしい!」とかベタ褒めしまくってるのが、聴いてみてよく分かりました。大衆受けする感じはないけど、かなりセンスあるビートです。サンプリングされたジャズピアノがレトロな空気を演出していて、反対に現代的な電子音がさりげなく音に厚みを持たせています。シックでムーディーで、バーで聴きたい感じ。聴けば聴くほどクセになる曲です。

それにしてもさすが韓国、こんな大衆受けしなそうなビートにも関わらず、各チャートを席巻したようです。Beenzino自体が韓国の音楽業界の中ではやや大衆的な存在ではありますが、だからといって必ず曲が売れるというわけでもないですよね。

この曲をプロデュースしたPeejayは、BIGBANGやZion.Tなどの楽曲も多く手掛けてきている敏腕プロデューサーです。Peejayの作る曲にハズレはまず無いのですが、それにしても今回はアタリもアタリ、長年に渡って何度も聴いていく1曲となりそうです。特にBeenzinoとの相性は良いように感じます。この『Dali, Van, Picasso』に対しても、アーティストたちはPeejayにリスペクトの言葉を送っていました。
 


 

Beenzino – Dali, Van, Picasso のご購入はこちらから

itunes amazon-button-1

 

Sakiko Torii
About Sakiko Torii
BLOOMINT MUSICの運営者。イギリスでの音楽留学経験を生かした音楽的に深みのある記事が売り。独自スタイルのライブ企画、楽曲リリースのコーディネート、ライター活動、各種メディア出演など、韓国ヒップホップにおいて多方面に活躍中。著書に『ヒップホップコリア』。別名ヴィヴィアン。
Sponsored Link