Single | Swings - A Real Lady (Feat. Beenzino, GRAY, Zion.T)


本日8月12日、Swingsの新曲『A Real Lady』がリリースされました。フィーチャリングがZion.T、Beenzino、GRAYということで、すごいことになっています。韓国ヒップホップリスナーにとって、とんでもなく素敵なサプライズ・プレゼントを受け取ったような気分ですね。

この曲はGRAYが作曲と編曲をしたのですが、Beenzinoの持ち歌のようなポップなサウンドが印象的です。この曲のイメージにぴったりのポップなミュージックビデオを手掛けたのは、最近ますます活躍が目覚ましいDigipediです。Digipediらしい色彩感覚、遊び心やオシャレさですね。よく見ると、Verbal JintやGiriboyも出演しています。

新曲とは全然関係ない話ですが、私の韓国音楽への入口はBIGBANGでした。厳密に言うとT.O.Pのソロ曲『Turn It Up』が入口で、そのあとGD&TOPにハマったのでした。それからTaeyangのソロアルバムを聴くようになったのですが、Taeyangの『니가 잠든 후에(君が眠ったあとに)』という曲にSwingsがフィーチャリングしているのがきっかけで、Swingsの存在を知りました。

そしてSwingsのアルバム『Growing Pains』を聴いたら、収録曲の『Feel Me』のサビの声が、BIGBANGのアルバム『Number 1』のイントロのT.O.Pの声に似ていると思ったんです。ただ単に似てると思っただけというオチのない話なのですが、T.O.Pから韓国の音楽を聴くようになり、同じグループに所属するTaeyangの曲をきっかけにSwingsを聴き、そしたらT.O.Pに似てたという、グルッと1周してT.O.Pに帰ってきて面白かったというだけのしょうもない話でした。

Swingsは歌詞に結構キツいこと書きますし、性格も結構キツい部分もあったりして、好き嫌いは分かれるみたいですね。だけど最近はMnetのラップ・サバイバル番組『Show Me The Money 2』に出演していることを機に、大衆的な人気がだいぶ高くなってきたように感じます。今回の新曲も割と大衆的ですし、一気に有名ラッパーの座に就くのではないでしょうか。『Growing Pains』などは本当にクオリティの高いアルバムで、韓国ヒップホップのファンなら必ず一度は聴いておきたいアルバムではないかと思います。

 


 

Swings – A Real Lady (Feat. Beenzino, GRAY, Zion.T) のご購入はこちらから

itunes

 


Sakiko Torii
About Sakiko Torii
BLOOMINT MUSICの編集長。コラム執筆、ライヴ主催、楽曲リリースのコーディネート、メディア出演など韓国ヒップホップにおいて多方面に活躍中。イギリス音楽留学経験を生かした音楽的に深みのある記事がウリ。著書に『ヒップホップコリア』。
Sponsored Link