Introduction | 韓国ヒップホップ・クルー:不汗黨


関連記事

 


 

韓国ヒップホップ・クルーを紹介する本コーナー。第1回目の「Movement」、第2回目の「I.K」に続いて、第3回目となる今回もまた、私が個人的に好きなクルーの紹介をしようと思います。

今回ご紹介するのは「不汗黨(ブランダン)」というクルーです。韓国語では「불한당」と表記します。一度見たら忘れない、インパクトのあるロゴをお持ちです。

bullhandang_logo.jpg
4月に書いた記事「Topic | HIPHOPPLAYA Awards 2012 結果発表」の中に「今年のヒップホップ音楽界ニュース」という部門があって、不汗黨の結成は4位に選ばれました。つまり昨年結成されたばかりのできたてホヤホヤなわけですが、結成されたということがニュースになっちゃうなんて、一体どういうことなんでしょうか? それは人数の多さだけでなく、所属メンバー全員が超スーパー大御所というとんでもないモンスタークルーだからなのです。

2013年6月現在のメンバーは以下の通りです。

A.Jay
Artisan Beats
Che Young
Daephal
DJ Skip
DJ Pandol
Fascinating
Jay Kay
Kebee
Keeproots
MC Meta
Minos
Naachal
Nuck
Optical Eyez XL
P-type
RHYME-A-
Sean2slow
Snowman
The Z
Wimpy

bullhandang1.jpg

 

メンバーのうち、Garion(MC Meta、Naachal)とNoise Mob(Minos、RHYME-A-)の二組は、今年2月にアメリカの有名ヒップホップ雑誌「XXL Magazine」で「知っておくべき15組の韓国ラッパー」として紹介されました。まだ読んでいない方は、ぜひこちらをご覧ください。

不汗黨について簡単に説明しますと、彼らは昔からいつも一緒にいた仲間たちで、所属事務所やレーベルは関係なく、一緒に音楽活動をするためだけにクルーを結成しました。「不汗黨」とは彼らが作った造語なのですが、不汗な党、つまり「汗を流さない集団」という意味だそうです。メンバー全員が30~40代ということで韓国のヒップホップシーンの中ではだいぶ年齢が上になるのですが、「まだまだ汗はかいてないぞ」ということですね。

また、「ヒップホップシーンが眠らないように目を覚まさせる新たなエネルギーの音楽活動をする集団」という意味も込めているそうで、クルーを一言で表現するなら「喚起」だそうです。この記事の冒頭に貼った赤いロゴはメンバーのJay Kayがデザインもので、三国時代に高句麗の古墳で使われていた鬼のお面と、漢字の「黨」(日本語では「党」)を合わせたものだそうです。

クルーのコンセプトは「韓国らしいヒップホップ」ということで、英語は少なめにして韓国語を中心に書いた歌詞、韓国の文化や生活をテーマにした歌詞、韓国の伝統楽器を取り入れた演奏などを大切にしています。

そんな不汗黨が、今月アルバム『절충3 : 불한당들의 진입과 전투(折衝3:不汗黨たちの進入と戦い)』をリリースしました。MC Metaをはじめとする不汗黨の一部のメンバーが『折衝1』をリリースしたのが2002年、そして『折衝2』は2003年にリリースされました。今回は実に10年ぶりに「折衝」の名前を引き継いで、不汗黨として新作がリリースされたわけです。不汗黨は形式上は去年の結成となっていますが、実際には昔から一緒に音楽をやってきた仲間同士で、このアルバムの制作には約3年を費やしたとのことです。

bullhandang_album.jpg

- トラックリスト -

01. 진입과 전투
02. 불한당’s oblige
03. 혀를 파지
04. 불한당가 (不汗黨歌)
05. 행복한 거래
06. 해넘이
07. Real Talk
08. Beam
09. 하몽 pt.2
10. 한길을 걸어가라 Remix

 

タイトル曲の『불한당가(不汗黨歌)』は、ミュージックビデオも公開されています。韓国の伝統的な太鼓や舞踊が使われている素敵な映像です。P-type(3人目)のパート、猛烈にライミングしていて圧倒されます。シンプルなピアノのループによく栄えています。エンディングのエレキギターもかっこいいです。

ビデオの演出はクリエイティブ・プロダクション「Naive」が担当していますが、伝統楽器や伝統舞踊を用いるというコンセプトは、もう10年ぐらい前からメンバー皆で考えていたものだそうです。ちなみに4人のMCはそれぞれ青龍、白虎、朱雀、玄武の四神を表しているそうです。

 

次の動画『한길을 걸어가라(ひとつの道を歩け)』は、去年の秋にオフィシャルで音源が公開されたものです。アルバムにも収録されています。

 

そして今月2日に釜山のBEXCOで開催されたショーで、不汗黨が新作の『不汗黨歌』のパフォーマンスを行いました。カメラマンのEtchForteさんが撮影したこちらの動画の10:52からその模様が観れます。めちゃくちゃかっこいいです。韓国語の分かる方は、動画の前半のアルバム紹介もぜひお楽しみください。

 

最後に興味深い動画をもうひとつご紹介します。P-typeがメンターとして、Illtong、Loco、Cheetahの3人にプリプロ(本レコーディングの前に行う仮レコーディング)のトレーニングをしている場面です。

CheetahはCrushのインタビューにも書いてあった通り、以前Crushと一緒にMasterpieceというデュオをやっていた方ですね。Locoも同じインタビューの中に登場しますが、VV:Dという粒ぞろいの5人が集まったクルーのメンバーです。昨年放送されたラップ・サバイバル番組の『Show Me The Money』で優勝しました。

 

このように不汗黨は、今後もアマチュアや新人などにライブの機会を提供したり、パフォーマンスの短期トレーニングやプリプロの機会を提供して継続的にサポートしていくそうです。

すでに音楽学校でラップやビートメイキングのレッスンもやっていますし、MC Metaに限っては2000年頃からヒップホップ講座を開催していて、その講座の受講生が当時高校生だったKebeeやThe Quiettだったりします。P-typeも以前から学校で音楽を教えていますし、実は何を隠そう、あの2NE1のCLに一からラップを教えたのはP-typeなんですよ! 自分が活躍するだけじゃなく、次世代を育てようとするところが魅力的ですね。

以上、非常に簡単ではありますが、不汗黨のご紹介でした!

 

※後日追記:『불한당들의 진입과 전투 (折衝3:不汗黨たちの進入と戦い) 』のリリース時のインタビューを翻訳しました → 「Interview | 不汗黨 – 折衝3 by HIPHOPPLAYA

 


 

절충3 : 불한당들의 진입과 전투 (折衝3:不汗黨たちの進入と戦い) のご購入はこちらから

itunes amazon-button-1

 


Sakiko Torii
About Sakiko Torii
BLOOMINT MUSICの運営者。イギリスでの音楽留学経験を生かした音楽的に深みのある記事が売り。独自スタイルのライブ企画、楽曲リリースのコーディネート、ライター活動、各種メディア出演など、韓国ヒップホップにおいて多方面に活躍中。著書に『ヒップホップコリア』。別名ヴィヴィアン。
Sponsored Link