Song | Double K – Rewind (Feat. イ・ミシェル)

Written By Sakiko Torii

BLOOMINT MUSIC 運営者の SAKIKO が、好きな曲について書くコーナーです。韓国ヒップホップ以外にもジャンルを問わず色々ご紹介します。不定期更新です。

 

先月リリースされたDouble Kの『Rewind』をご紹介します。この曲は、Double KとプロデューサーのPrimaryがコラボしたシングルで、新人歌手のイ・ミシェルがフィーチャリングしています。ミュージックビデオはDigipediが手掛けています。Zion.Tの『Babay』やLocoの『Take Care』のミュージックビデオを手掛けた、お馴染みの映像制作チームです。ちなみにこのビデオに出演しているのは俳優さんとモデルさんで、Double Kとイ・ミシェルではありません。

この曲もドラマチックな雰囲気を持っていますが、Double Kは感情を曲に込めるのが本当に上手だと思います。彼のラップを聴いていると、こちらの感情まで大きく揺り動かされるような感覚に陥ることがあります。

そしてイ・ミシェルですが、これまで聴かせてきた歌声とは一味違い、柔らかくて伸びやかな歌声を披露しています。彼女は去年、SBSのオーディション番組『K-POP STAR』で活躍し、その名を広く知らしめました。惜しくもトップ4には残れなかったけど、黒人系ハーフならではのソウルフルな歌唱力で視聴者を魅了しました。

イ・ミシェルは元々『K-POP STAR』の中で「秀Pearls」という4人組グループを結成していたのですが、メンバーの一人だったパク・ジミンが『K-POP STAR』で優勝してJYP Entertainmentと契約することになりました。そしてイ・ミシェルを含む残りの3人は、YG Entertainmentと契約。『K-POP STAR』で準優勝したイ・ハイもYGと契約したことを機に、パク・ジミンに代わってイ・ハイが「秀Pearls」に加入し、今年デビューする予定でした。

ところがその後、YGはイ・ハイにすべての神経を集中。YGは一年以上も力を注いできた別のグループ(YG版「少女時代」と呼ばれるガールズグループ)のデビューさえも後回しにし、イ・ハイを真っ先にソロデビューさせました。まあイ・ハイの実力が半端なく高いので当然の結果ですね。そして結果的に「秀Pearls」は解散となり、今年2月にイ・ミシェルを含む残りの3人はYGを去りました。

その後、イ・ミシェルはDIMAエンターテインメントと契約を交わし、このたび『Rewind』で初めて公式的に楽曲をリリースすることになったというわけです。まだまだ出発したばかりのイ・ミシェル、今後も要チェックですね!

 


 

余談ですが、『K-POP STAR』で優勝したパク・ジミンと、準優勝したイ・ハイの、オーディション当時の私の興奮っぷりは、別ブログ『BIGBANG+α』でご覧いただけます。

が、そんな過去記事を読まずとも、次の動画を観ればパク・ジミンとイ・ハイの実力の高さがよく分かると思います。この2人が優勝と準優勝をしたのも当然ですよね。この当時、2人とも14~15歳ですよ! ってかこれ、オーディション番組ですよ!

上の動画が観れない人はこちらをクリック

次の動画はイ・ハイがオーディションに初登場した時だと思うけど、0:48から始まるちょっと惜しいダンスとは裏腹に、1:11からとんでもない歌声を披露するギャップが最高です!

上の動画が観れない人はこちらをクリック

Double Kの曲紹介でありながら、肝心のDouble Kについてほとんど触れないという謎の記事で終わってしまいました。あくまで本記事の主役はDouble Kです。『Rewind』です。そこんとこお間違いなく! そして忘れずにiTunesでダウンロードをお願いします(笑)

 


 

Double K – Rewind (Feat. イ・ミシェル) のご購入はこちらから

itunes

 

Related

/

Subscribe us!

BLOOMINT MUSICの最新情報をお届けします。

友だちに追加