Single | Bumkey – 미친연애 (狂った恋愛) (Feat. E SENS)

Written By Sakiko Torii

本日6月3日、韓国のR&B・ヒップホップ歌手のBumkeyが初めてのソロシングル『미친연애(狂った恋愛)』をリリースしました。Bumkeyはフィーチャリング・キングとして知られていて(実際そういう呼ばれ方をされているかどうかは知らないけど)、Dynamic Duo、Epik Highなどをはじめとする数多くのアーティストの曲にフィーチャリングしてきています。優しくて伸びのある声があらゆる曲によく馴染むボーカルです。

Bumkeyは「Troy」というグループのメンバーでもあり、ラッパーのTopBobと一緒に「2Wins」というデュオもやっています。ちなみにTopBobは、Amoeba Culture所属のYankieとも「TBNY」というデュオもやっていました。そして私がBumkeyの歌の中で一番好きな曲は、Yankieの『심술쟁이(意地悪さん)』という曲です。グルッと回ってみんな繋がっていく(笑)

初のシングルとはいえ、歌手としてのキャリアは9年になるのでファンは多く、今回ついにソロ曲を出すことになって盛大に祝福されている感じです。本当におめでたい話ですね。そしてE SENSがフィーチャリングしているということで、E SENS溺愛の私としては余計にめでたい気分です。しかもPrimaryがプロデュース、Zion.Tがコーラスで参加だそうです。豪華!

Primaryが手掛けているだけあって、『Happy Ending』という曲に雰囲気が近いですね。ピアノやマリンバの音色が個人的にはツボです。そしてタンゴのような、ラテンなフィーリングのする2拍子の歯切れ良いリズムがオシャレ。それからBumkeyの歌声。相変わらず伸びの良い美声に加えて、いつも以上に力強さを感じます。柔らかいのに強くって、本当にいい声です。

そしてE SENS。『毒』でのカムバック以降、明らかに声のトーンが変わりましたよね。アンダーグラウンド時代からどんどん進化を遂げて、これまでも大幅にラップスタイルが変わってきたE SENSですが、今のロートーンが私は一番好きです。低音がお腹の底からよく響いて、力も抜けて、抑揚も抑え気味で。強めの発音や、声で感情を演じ切るところもさすがです。

そんなBumkey初のシングルであるこの曲、リリースされるや否や韓国音源チャートMelonで5位を取ったようです。Bumkey本人もツイッターで大喜びされておりました。おめでとうございます!

※追記:6月3日19:00時点で2位になりました!
※追記:6月3日23:00時点で1位になりました!Bumkeyのツイートをご紹介します。

melom_bumkey2.jpg

<日本語訳>ほかの人々にとってはありふれた1位かもしれないけど、僕にとっては何よりも貴重な1位です。熱心にやっていればこういう日もくるんですね。9年という時間が一瞬にして溶けて消えてしまいました。本当にTT ありがとうございます。すべて皆様のおかげです!^^

melom_bumkey.jpg

 


 

Bumkey – 미친연애 (狂った恋愛) (Feat. E SENS) のご購入はこちらから

itunes

 

Related

/

Access Top

/

Subscribe us!

BLOOMINT MUSICの最新情報をお届けします。

友だちに追加