Single | Loco – Take Care (Feat. パク・ナレ of SPICA)

Written By Sakiko Torii

本日5月15日、Locoの新曲『Take Care』がリリースされました。昨年デビューした5人組グループ、SPICAのパク・ナレがフィーチャリングしていて、Locoと同じVV:Dクルーに所属しているGRAYが作曲とコーラスで参加しています。

大衆性も考慮して作ったそうですが、確かに誰にとっても聴きやすいサウンドになっていますね。Locoの声ってなんとなく好き嫌いが分かれそうな気がするのですが、この曲は誰でもスッと入っていけそうです。

ミュージックビデオを手掛けたのはDigipediだそうです。過去記事「Interview | Zion.T – Red Light by HIPHOPPLAYA」の中にも書きましたが、DigipediとはOROSHIと1MORETIMEの2人で構成されたチームで、ミュージックビデオやバイラルビデオ(ネットCM)をはじめとする多様な映像を制作しています。最近の有名どころと言うと、Primary、Gaeko、Zion.Tの『See Through』や『Babay』もDigipediが手掛けています。

さて、久々に新作を発表したLocoですが、明日ショーケースを行うとのことです。このショーケース、ゲストが異常に豪華なんです。日本でもJoosuCの名で活躍しているチュソクをはじめ、VV:DからはCrush、GRAY、ELOの3人、そしてTakeOneとCrucial Star。

実はあさってからソウルに行く私。あと1日ずれていたらこのショーケースに行けたかと思うと、悔しくて仕方ありません。行きたくて行きたくて吐きそうです。この豪華メンツで2万ウォンだなんて。なんで明日なんだよー!

loco_showcase.jpg

ところで念のため、Locoって誰? という方のために簡単に紹介しておきます。

本名クォン・ヒョクウ、1989年12月25日生まれの23歳。Zion.T率いるVV:Dクルーの一員。VV:DのメンバーはZion.T、GRAY、ELO、Crush、そしてLocoの5人です。

Locoの名前が一躍有名になったきっかけは、去年の8月にMnetのラップ・サバイバル番組『Show Me The Money』に出演して、Double KとJinsilと一緒に優勝したことでした。過去記事「Interview | Crush – 4月の新人 by HIPHOPPLAYA」の中に、そのときのパフォーマンス動画が貼ってあるので、ご興味があればご覧になってください。

その後、今回の新曲と同様GRAYがプロデュース&フィーチャリングした『See The Light』や、Crushがプロデュース&フィーチャリングした『No more』などをリリースしました。つい先月はELOの『Blur』にフィーチャリングしました。

『Show Me The Money』で優勝してから多くの企画会社から声がかかったようですが、最終的にIT Entertainmentと契約をして音楽活動に専念しています。VV:Dは私が最近一番注目しているクルーなので、ぜひお見知りおきを! まだ知名度は全然ですが、5人とも非常に才能豊かです。近い将来、韓国の音楽界を引っ張っていく大物たちになるんじゃないかと思ってます。

 


 

ところで全然気づかなかったんだけど、ミュージックビデオに出てくるこれ、Crushなんだそうです。GRAYがツイッターで「Crush熱演」って書いてるのを見て知りました。

loco_takecare_crush.jpg
Credit: callmeGRAY@Twitter

Related

/

Access Top

/

Subscribe us!

BLOOMINT MUSICの最新情報をお届けします。

友だちに追加