Lyrics | Supreme Team - 그대로 있어도 돼 (そのままでいてもいい) (Feat. Crush)


Supreme Team – 그대로 있어도 돼 (そのままでいてもいい)

作詞:E SENS, Simon Dominic
作曲:Crush, Simon Dominic
編曲:Crush
日本語訳:SAKIKO

 

[E SENS]

지금이 나의 삶의 반의 반쯤
今が俺の人生の 半分の半分くらい

어떠냐 묻는 말에 난 늘 하는 같은 대답뿐
どうかと問う言葉に 俺はいつものように答えるのみ

다를 것 없어 I’m good
変わることなく I’m good

마치 너무 당연하단 듯 변함없는 나의 꿈
まるで当たり前のことのように 変わらない俺の夢

예전같이 아주 뜨거운 숨을 쉬지만
昔と同じように とても熱い息を吐くけど

그 땐 이기려는 마음뿐이었지
あの頃は勝とうとする気持ちだけだったね

어렸던 나의 눈엔 너무 비싸 보인
幼かった俺の目には とても高価に映った

행복은 그 여자 손목에서 빛나던 Christian Dior
幸せは あの女性の手首で輝いていた クリスチャン・ディオール

다 입고 있는 옷에 따라 성격이 변해
みんな着ている服によって性格が変わる

그게 이 도시의 첫 느낌
それがこの街の最初の印象
※この街:ソウルのこと。E SENSはラッパーになるために大邱(テグ)からソウルに上京した

그 때쯤 내가 목표로 삼은 건
あの頃 俺が目標にしていたのは

먹고 사는 짓 다음 단계의 모든 것
食べて生活していくこと 次の段階のあらゆること

밤이 되면 난 다른 내일을 꿈꾸고
夜になると 俺は違う明日を夢見て

어제 같은 오늘을 봐 아침에 눈 뜨며
昨日と変わらない今日を見る 朝に目が覚めて

그대로인 듯 조금씩 움직여
そのままであるかのように 少しずつ動いていく

성공의 바로 밑 어디쯤 현재 나의 주소
成功の真下のどこら辺かが 今の俺の住所

 

[Hook (Crush)]

다 괜찮아 보여
すべて大丈夫なようだ

이 길에 서있어 Whatever
この道に立っている Whatever

니가 있는 곳에 그대로 있어도 돼
君がいる場所で そのままでいてもいい

잠시 어두워져도
しばらく暗くなっても

불안해 하지마 Wherever
不安になるな Wherever

날 믿어도 돼 그대로 있어도 돼
俺を信じていい そのままでいてもいい

 

[Simon Dominic]

성공과 실패의 한 뼘 사이가 현재 나의 주소
成功と失敗の一指尺の間が 今の俺の住所
※指尺:指を使って図る長さの単位。親指と中指を最大に伸ばした長さを一指尺とする。E SENSのパートの最後のラインが「成功の真下のどこら辺かが 今の俺の住所」で終わっていて、フックを挟んでSimon Dominicは自分の住所(ポジション)を「成功と失敗の間」とアンサーしている

그 둘의 첫 글자, 성실이 내 돈의 출처
その2つの最初の文字  誠実が俺の金の出所
※2つの最初の文字:「성공(成功)」の「성」、「실패(失敗)」の「실」を並べると「성실(誠実)」になるという言葉遊び

3억짜리 집, 크레딧 카드는 Purple Swag
3億ウォンの家 クレジットカードは Purple Swag
※Purple Swag:あくまで想像の範囲ですが、韓国のヒュンダイ・カードは優良顧客がパープル・カードになるらしく、そのことを指してるのかなと思います。さらにASAP ROCKYの代表曲である『Purple Swag』を掛けているのかと思います

외제차는 없어도 두 발엔 항상 LeBron X
外車はなくても 二足は常に LeBron X
※LeBron X:ナイキの靴。2万円くらいの靴なので超高級というわけではないが、恐らくそこがSimon Dominicの意図しているところと思われる(つまり成功と失敗の真ん中辺にいるということ)。家も3億ウォンなので豪邸ではない

뛸 준비가 됐지 Errday
走る準備が出来たよ Errday(毎日)

일한만큼 놀고 놀만큼 벌 땐
仕事をするくらい遊び 遊ぶくらい稼ぐときは

자존심을 안 팔아도 언제나 흑자인
プライドを売らなくても いつも黒字だ

나의 포지션 지켜낼게 끝까이
俺のポジションは最後まで守り通す

해가 뜨고 나서야 난 잠에 들어
陽が昇ったあとで 俺は眠りに入る

대신 내 꿈 속은 하나도 안 어두워
代わりに俺の夢の中は  一つも暗くない

기회란 놈도 잠이 없지 내 방을 노크해
チャンスというやつも 眠ることなく俺の部屋をノックする

기다려봐 좀만 더 자고 널 잡아볼게
待って もうちょっとだけ寝てから お前を捕まえてみるよ

앞자리수가 ‘3’이 됐지만 난 forever ‘young’
前の数字が’3’になったけど 俺はForever ‘Young’
※前の数字が’3’:Simon Dominicはこの曲を出した月に30歳になった(韓国は数え年で数えるため、日本では29歳)

가끔 이런 삶도 내게는 과분해 보여
たまにこういう人生も 俺には過分に見える

멍 때리고 돈 뺏기던 공백기는 끝난 지 오래
ぼうっとしていて金を奪われた 空白期が過ぎてもう長い

이젠 매일이 내겐 comeback season
もう毎日が俺には Comeback Season

 

[Hook (Crush)]

다 괜찮아 보여
すべて大丈夫なようだ

이 길에 서있어 Whatever
この道に立っている Whatever

니가 있는 곳에 그대로 있어도 돼
君がいる場所で そのままでいてもいい

잠시 어두워져도
しばらく暗くなっても

불안해 하지마 Wherever
不安になるな Wherever

날 믿어도 돼 그대로 있어도 돼
俺を信じていい そのままでいてもいい

 

[E SENS]

새로운 아침이 지나 기분 좋은 밤이야
新しい朝が過ぎて 気持ちの良い夜だ

고생들 했어 다들 잔 비워
苦労をしたみんなも 杯を空にして

한 여름의 낮 같던 나의 맘
真夏の昼間のようだった俺の心

식어버린 게 아냐 쉬고 있는 거야 마음 놔
冷めてしまったんじゃない 休んでるんだ 心を置いて

stay cool, 어느 곳에 있든
Stay Cool どこにいても

stay cool, 어느 곳에 있든
Stay Cool どこにいても

stay cool, 어느 곳에 있든
Stay Cool どこにいても

잘하고 있는 거야 이대로만 해 내일도
よくやってるよ そのまま続けて 明日も

 

[Simon Dominic]

많은 길을 돌아왔고
多くの道を戻ってきた

첨으로 다시 돌아갈 수도 없지만
ふりだしに再び戻ることもないけど

끝이 어딘지 몰라도 난 괜찮다고 느껴
終わりがどこか分からなくても 俺は大丈夫だと感じる

언제나 just sit back relax & take notes
いつも Just sit back relax and take notes

sit back relax & take notes

sit back relax & take notes

sit back, sit back

 

[Hook (Crush)]

다 괜찮아 보여
すべて大丈夫なようだ

이 길에 서있어 Whatever
この道に立っている Whatever

니가 있는 곳에 그대로 있어도 돼
君がいる場所で そのままでいてもいい

잠시 어두워져도
しばらく暗くなっても

불안해 하지마 Wherever
不安になるな Wherever

날 믿어도 돼 그대로 있어도 돼
俺を信じていい そのままでいてもいい

 


 

Supreme Teamが2013年3月19日にリリースした2曲入りシングル『Thanks 4 the Wait』のタイトル曲。2011年秋にE SENSのドラッグ使用が発覚して活動自粛となり、E SENS自身はPrimaryのアルバムに参加した『』で2012年秋に一足先に復帰しましたが、Supreme Teamとしてはこの曲が復帰作となりました。

リル・ウェインのミックステープ『Sorry 4 the Wait』からインスピレーションを受け、長い間待たせたファンへの感謝の気持ちを込めて『Thanks 4 the Wait』としたそうです。トラップビートに強気な姿勢を見せる2曲目の『Eat It』とは相反し、『그대로 있어도 돼(そのままでいてもいい)』のほうは将来に悩む若者へ温かいメッセージを込めた曲です。E SENSはリリース時のインタビューで「『毒』のテーマと似ているが、もう少し明るいバージョンで書いてみた」と答えています。

作編曲に携わっているのは、フックでもボーカルを務めているCrush。この頃のCrushはまだデビューして間もなく、事務所にも所属してなくてほとんど無名でしたが、Simon Dominicからの依頼によってこの曲を手掛けることとなりました。この曲で一気にAmoeba Culture(当時Supreme Teamが所属していたレーベル)のファンにCrushの名前が知られるようになり、後にAmoeba Cultureと契約をし、Crushは一躍スターシンガーとなりました。

この曲では久々にSimon DominicとE SENSが2人そろった姿を見せ、今後は気持ちを新たに精力的な活動を繰り広げていくという姿勢を見せてファンを安心させました。しかし残念ながら期待されていたアルバムを発表する前に、E SENSがAmoeba Cultureと揉めたことによりSupreme Teamは事実上の解散となりました。『그대로 있어도 돼(そのままでいてもいい)』の発表からわずか4か月後のことでした。

この曲がリリースされた当時、まだ私は韓国語がほとんどできなかったのですが、英語の翻訳を参考にしながら和訳してミュージックビデオに字幕をつけてみました。上記の和訳は微妙に修正していますが、ほぼ同じ翻訳で字幕がついていますので、ぜひご覧になってください。ラップしてるときのモーションと歌詞に関連性があったりするので、字幕を追いながらビデオを観るのもなかなかお勧めです。

 


 

Supreme Team – 그대로 있어도 돼 (そのままでいてもいい) (Feat. Crush) のご購入はこちらから

itunes

 


Sakiko Torii
About Sakiko Torii
BLOOMINT MUSICの運営者。イギリスでの音楽留学経験を生かした音楽的に深みのある記事が売り。独自スタイルのライブ企画、楽曲リリースのコーディネート、ライター活動、各種メディア出演など、韓国ヒップホップにおいて多方面に活躍中。著書に『ヒップホップコリア』。別名ヴィヴィアン。
Sponsored Link