今日の一曲/OneRepublic – Apologize

Written By Sakiko Torii

BLOOMINT MUSIC 運営者の SAKIKO が、好きな曲について書くコーナーです。韓国ヒップホップ以外にもジャンルを問わず色々ご紹介します。不定期更新です。

 

先ほどNelly Furtado(ネリー・ファータド)の紹介コラムを書いたのですが、その中でプロデューサーのTimbaland(ティンバランド)の名前が登場しました。Nelly Furtadoのアルバム『LOOSE』をプロデュースしたということで名前が出たのですが、せっかくなのでTimbalandが別の人をプロデュースした曲についても書きたいと思いまして。

Timbalandは数えきれないほど多くのアーティストたちをプロデュースしてきていますが、中でも有名なのはAaliyah(アリーヤ)、Justin Timberlake(ジャスティン・ティンバーレイク)、Missy Elliott(ミッシー・エリオット)などでしょうか。

だけどここでは、私がTimbalandの作品の中で一番好きな曲をピックアップしてみました。2007年にリリースされたOneRepublicの『Apologize』です。OneRepublicはロックバンドなので、ヒップホップやR&BのプロデューサーであるTimbalandとは縁遠そうな印象を抱くかもしれませんが、実は彼らはTimbalandによって発掘されたのです。

実はこの『Apologize』はOneRepublicのオリジナル・バージョンもあって、上に貼った動画は正確に言うとOneRepublic名義ではなく、Timbaland名義で出したアルバムにOneRepublicをフィーチャーした形となっています。私はこっちのTimbalandバージョンのほうが好きなんですけど、OneRepublicのファンの間ではオリジナルのほうが断然人気みたいです。Timbalandの「エッエッエ~」って声がシャチみたいでイヤなんだとか(爆)

とにかく『Apologize』はボーカルの声がとても美しく、切ないメロディとピアノの音色にうっとりとする一曲です。Timbalandバージョンで追加された電子音の音が個人的にはツボです。遅めのビートでリズムが忙しい曲が大好物なので、そういう意味でもこの曲はツボなんです。

ついでにオリジナルバージョンも貼っておきます。自主制作なので伴奏やボーカルや録音のクオリティが低いですが、よりシンプルでメッセージは伝わりやすいのかなって思います。あと、ビデオはオリジナルのほうが情緒があって素敵です。このビデオは当時無名だったOneRepublicの呼びかけによってファンの方が作ったそうで、その方は今映像の仕事に就いているそうです。

 


 

Timbaland – Apologize (Feat. OneRepublic) のご購入はこちらから

itunes amazon-button-1

 

writerSakiko Torii

BLOOMINT MUSICの創設者および編集長。韓国ヒップホップ・キュレーターとして執筆、ライヴ主催、音源/MV制作サポート、メディア出演など多方面に活躍中。イギリスに音楽留学していた本格派。著書に『ヒップホップコリア』。

Related

/

Access Top

/

Subscribe us!

BLOOMINT MUSICの最新情報をお届けします。

友だちに追加