Epik HighのTabloがYGエンターテインメントと契約

Written By Sakiko Torii

Epik HighのTabloが、YGエンターテインメントと契約しました。関連ニュース記事を2つ翻訳したので以下に記載します。

 


 

TabloがYGエンターテインメントと4年間の専属契約を結んでソロアルバムを発表して活動を始める。

27日、TabloはYGを通じて、「2年近くステージを離れ、大衆の前に再び立つことがまだとても恐ろしいのは事実であり、これまでも色々と大変だったが、それでも誰かを恨んだり責める気持ちは微塵もありません。すべては僕のために起こったものだと考えるからです。」と復帰への思いを語った。

TabloがYGと専属契約を結んだことは、すでにYG所属の女優として活動中の妻、カン・ヘジョンの役割が大きかったとみられる。家庭の中と外の両方で、カン・ヘジョンの内助が確実に大きな頼りとなっている。

YGは、Tabloが追求してきたヒップホップというジャンルとよく合っているというのも一つの理由だ。1TYMなどをはじめとするヒップホップ専門レーベルとしてスタートしたYGは、最近でもBIGBANG、2NE1などのヒップホップを基盤とした歌手をデビューさせてきた。また、will.i.am や Ludacris などアメリカの有名ヒップホップ・プロデューサーたちと交流し、そのジャンルでの能力を育ててきたことも、TabloのYG入りの決定に明確な役割をしたものと見られる。スタジオや設備など、YGの作業環境は最上級だ。

しかし、実際には外部のプロデューサーなど周辺の助けなしで、ほぼ一人で音楽制作をするTabloにとって、作業環境が良いという点は決定的な理由でないこともある。何よりもYGという大型企画会社のマネジメントが、Tabloにとって最も必要な条件だというのが業界関係者たちの共通の視点だ。

これまでスタンフォード大学の学歴詐称に関する物議を経験するなど、健全なイメージがかなり損なわれたことは事実だ。Tablo自身も世間との間に壁を作って過ごしてきており、これを徐々に改善していくための選択としては、大型企画会社が適切である。また、Tabloのことをマネジメントするという会社を簡単に入手することができなかったのも現実だ。大型企画社YGの場合、独自の法務チームの運営など、実質的な対応にも比較的有利なことも大きな理由だ。

マーケティング面においても、YGが相対的に余裕のある資金力を土台にして、メディア露出だけに依存することや様々な方法、戦略を駆使することができるという点も有効だったと思われる。

Tabloは11月1日にソロアルバムを発表する予定であり、TabloのYG専属契約に基づいて、最近兵役を終えたEpik HighのDJ Tukutzと現在も兵役中のMithra眞など、Epik Highのメンバーたちの今後の歩みも注目されている。

出所:STAR TODAY

 


 

韓国歌手Tablo(本名:イ・ソンウン)が、大手芸能事務所YGエンターテインメント(以下YG)と専属契約を結び、初のソロアルバムを発表することが分かった。

YGは27日、「Tabloと4年間の専属契約を結んだ」とし、「学歴詐称の疑惑が持ち上がり、約2年間、音楽活動を中断していたTabloが、11月1日にソロ歌手としてファーストアルバムをリリースする」と明かした。

続けて「YGとTabloを引き合わせてくれた人物は、Tabloの妻であり、YG所属の女優カン・ヘジョンだった」とし、「カン・ヘジョンは、幼い頃からソテジワアイドゥルのファンだった夫のTabloをヤン・ヒョンソク代表に紹介した」と経緯を説明している。

ソロ活動をスタートさせるTabloは、YGは通して「およそ2年の間、表舞台から去っていたが、再びファンの皆さんの前に立つことになり、今は不安でいっぱい」としながらも「これまでつらい時期を過ごしたが、誰かを恨む気持ちはない。すべてのことが自分のために起きた出来事だと思っている」と心境を伝えた。

またTabloは「これまで、見えないところから応援していてくれたファンへ感謝の言葉よりも、良い音楽でお返ししたい」と意気込みを語っている。

出所:Asahi.com

 


 

Epik Highとは?

Tablo、Mithra眞、DJ Tukutzの3人によるヒップホップ・トリオ。2001年結成。様々なアーティストのアルバムに参加し、その数は15枚以上にものぼる。ヒップホップシーンのみならず、韓国の音楽業界に欠かせない存在となったグループである。

 

Tabloとは?

1980年7月22日生まれ
本名:Daniel Seon woong Lee(韓国名:イ・ソンウン)

インドネシア生まれの韓国系カナダ人。スタンフォード大学・大学院卒。Epik Highのメンバー兼リーダー。高校2年生の時、キム・ゴンモのアルバムに作詞家として参加。2001年に韓国に帰国し、アンダーグラウンドで活動してから2003年にEpik Highとしてデビュー。スタンフォード大学では英文学を専攻しており、文学賞を受けた。短編集『あなたのかけら』は韓国語版・英語版を合わせて20万部のヒットとなった。2009年以降、学歴詐称疑惑で活動を中止するも、警察の捜査によりTabloの学歴は事実であることが明らかになった。

 

One – Epik High (Feat. Jisun)

 

writerSakiko Torii

BLOOMINT MUSICの創設者および編集長。韓国ヒップホップ・キュレーターとして執筆、ライヴ主催、音源/MV制作サポート、メディア出演など多方面に活躍中。イギリスに音楽留学していた本格派。著書に『ヒップホップコリア』。

Related

/

Subscribe us!

BLOOMINT MUSICの最新情報をお届けします。

友だちに追加